>>ヨウリケ_index





スポンサーサイト(--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。













4 植物とか(2012/07/31)


植物模写とか。


**

なんか花を一輪とか買ってきて模写でもしようかな。
花とかっていくらするんだろ

**

ブログの細々したとこ直したいなぁ


スポンサーサイト










3 植物(2012/07/30)


これで4鉢ぜんぶ。



**














3 観葉植物(2012/07/30)


m120730b.jpg
m120730c.jpg

いつかやろう、やろうと思っていたのでとりかかる。

観葉植物。


**

植物系の模写はやったことないんじゃないかな、と思う。
うっかり水遣りを忘れると、葉っぱがしょんぼりしてる。
あわてて水をやると、すぐにまたしゃっきりする。

買ったやつの一個を枯らして(水やっても葉っぱがぽろぽろ落ちてしまった)
鉢がひとつ余っているので、また百均で買ってこようかと思う。

**














3 ほどよい暑さ(昨日(2012/07/30)


 左足がおかしい。

**

 この記事を書いたのが、もう一週間も前だったりします。
 読んだ本の紹介をしようと思って
 記事を書こう書こうと思っていたら、だらだらっと一週間過ぎてました。
 だからタイトルも本当の昨日ではありません。たぶん23日ごろのこと。


**

 暑くなると会社にいるほうが快適ですね。

 会社は寒いくらいだよ。
 節電の関係で28度固定の筈なんだけど
 冷房の冷戦というか、冷房の温度の上げ下げの水面下の争いっていうか。
 私は参戦しておりませんが
 もうね。寒くて設定温度を上げる人と、暑くて設定温度を下げる人の戦いですよ。
「また誰か(設定温度)上げてるー!!」
 とかって暑がりの人が騒ぐんですよ。
 寒い人はこっそりこっそり温度を上げるんですよ。しれーっとね。
 冷房が入っているオフィスではきっと起こっていることでしょう。


 最近は冷房じゃなくて、扇風機すらもその対象です。
 だってさ!
 角度がさ、思いっきり顔に当たるんだよ。
 だから、角度を天井に向けるんだけどさ、いつの間にか戻ってるんだよ。
 顔にもろに当たると喉が乾燥して辛いんだよ。
 
 だがそれも3回ぐらいやって、諦めた!
 仕方ないのでクリアファイルで壁を作ったよ。仕方ない!
 戦いは常に強いものが勝つんだ!

 昔はさ。夏は冷房下げる側の勝利だが
 冬はきっと寒がりの勝利だ、と思っていたんだけどさ。

 これがさ、驚くことにやっぱり暑がりの勝利なんだよ。
 夏は、寒い人に「上着着ればいいじゃん」っていうでしょ。
 で、冬は暑い人は上着脱げばいいって展開になるのかと思っていたのに
 やっぱり「寒いなら上着きればいいじゃん」なんだよ。

 もう負け戦。
 暑がりの大勝利。でも確かにそうなんだよね。
 いくら暑くてもシャツ一枚以上は脱げない。
 それでも暑かったら、温度下げて、寒い人が着るしかなくなるんだよ。

 それはもう仕方ないんだよ。
 うん。でも会社行くと寒いのだけど、
 上着着ればちょうどよく過ごせるからやっぱり夏は快適だったりはします。


 でも家でも36度までは結構余裕です。 
 37度になるとちょっとしんどくなる。
 まぁ暑くてもかける冷房なんて付いてないから耐えるしかないんだけどね!

 夏は寝ゴザがいいよ。
 普通のシーツの上に、その辺のホームセンターとかで売ってる寝ゴザを買って敷く。
 それだけで、普通に快適に寝れるよ。

 暑くて夜に目が覚めたのは、今年はまだ2回しかないよ。

**


 最近はきゅうりの丸かじりが、おやつになってます。
 塩と味噌つけて食べてる。
 あの、きゅうりをさ。
 前歯で噛み切るんじゃなくて、 奥歯? 奥歯と八重歯の間ぐらいの歯で
 ごりっと潰しながら噛み切るのが楽しいです。
 ぐしゃって感じがいいです。

**


 最近は本ばかり読んでました。
 少し前に、顔の模写をやってましたが
 こー、なんか顔がたくさん載ってる本みたいなのが欲しくなった訳です。
 いろんな年代のいろんな人の写真載ってる本、みたいな。
 ひたすら顔だけが載ってる、みたいな。

 それで適当な単語でぐぐってたんですが、目的の本は引っかからず
「人物表現辞典」が引っかかりました。

 説明を読むと「目や背中、爪、姿などの用例を集めた表現辞典」と書いてあり、求めていた本ではありませんでした。
 絵ではなく小説用の参考書ですね。

 目的とはまったく違ったのですが
 こんな本あるのか、とちょっと面白く感じたのですね。
 それで「この商品を買った人は~」に出ている本を端から見ていったのですけど
 更に面白くなってきてしまって、いくつか注文しました。


・シナリオの基礎技術
・日本語の作文技術
・文章のみがき方
・日本語のレトリック―文章表現

・伝わる・揺さぶる!文章を書く
・小さな物語のつくり方
・感情表現辞典


 面白かった順に並べるとこんな感じ。
 っても「小さな物語の作り方」は60Pぐらいまでしかまだ読んでいません。

 この本、問題が出されてそれに答えていく形で話が進むんですね。
 最初の方の問題で、小説が穴抜け状態で数行載っていて
「この小説の穴埋めをして話を続け”怖くて不思議な話”として完成させろ」って出てくるんですよ。
 それ自体は全然問題ないわけです。
 想像力を鍛える一環みたいなもんだろう、と読み進めていたのですけど
 その答えが一つしか載ってないわけです。
 しかも読んでみると、問題の為に作った話ではなく、
 作った話があって、それの後半削って穴抜け状態にして問題にした、という感じなのですね。

 それ自体もいいのですけど
 けど問題にするならいくつか答えが欲しかったと言うか。
 いくつも提示されるのかと思っていただけに、物足りない感が出たというか。

 本の副題が、ショートショートの話の作り方、なので
 本の中にいくつも短い話が載っています。
 それに合わせて作り方の説明をしているようなので、ページ数の問題とかもあるんだろうとは思うのだけど
 なんだかちょっと腑に落ちなかった。
 ので、読み進めてない。

 けど、あとで読む。たぶん。

**

 一番面白かったのは
「シナリオの基礎技術」
 ですね。

 タイトルにある通り、ドラマ等の脚本の書き方から始まるのですけど
 内容のほとんどは「話のつくり方」です。
 必要のないセリフを言わせない、とか
 説明台詞を吐かせない、とか。
 例が載っていて、こんなのはダメです、とはっきり書かれてます。
 説明を読むと確かにと頷けます。

 結構ページ数があるので、会社の昼休み読んで
 寝る前に読んで、気になるところは耳折って鉛筆ひいてます。


「日本語の作文技術」も面白いです。
 これは日本語自体の書きかた? 綴り方?みたいな感じなのかな。
 理論的に説明がされています。例えば(以下要約引用)

------------

・白い紙
・横線の引かれた紙
・厚手の紙

 あげた三つの修飾語をひとつにまとめて、「紙」という名詞にかかる修飾語を作るとき、
 順序はどうすればいいだろうか

1.白い横線の引かれた厚手の紙
2.厚手の横線の引かれた白い紙
3.白い厚手の横線の引かれた紙
4.横線の引かれた白い厚手の紙
5.横線の引かれた厚手の白い紙
6.厚手の白い横線の引かれた紙

 この中で誤解を招きやすいのは、1・2・3・6である。4・5なら誤解はない。

-------------


 といった感じに話が進みます。
 確かにこれ、うっかりすると結構やってしまうんですよね。
 どこに修飾語がかかってるのかわからなくなってしまう。
 その上、それによって意味すら変わる。
 その辺の誤りがどうやって起こるのか、どうしたら誤りが起こらないようになるのか、と解説している本です。

 中ほどにある「漢字とカナの心理」も面白かったです。
 読む上での「わかりやすさ」ってのは大事だな、と思います。

 これを読んで、そういえば小説に出てくる「漸く」とか「暫く」とか結構好きじゃないなと思いました。
 見るたびに「ようやく」「しばらく」じゃダメなのか、と思います。
 小説の雰囲気もあるので、必要な時もあるかとは思います。
 けれども、こー、普通のネットで読む小説なんかで出てくると引っかかります。

 てゆーか、
 ぱっと読めなくて、そこで一回流れが止まるのが嫌なんよね。

 頭が足りないのが悪いと言われればそれまでなんですが。
「変換したら出てきたから使った」程度のよくわからん漢字なんて使わないほうがマシだと思います。

 本の中では、漢字とカナは「わかち書き」の役割を果たす、と解説されています。
 振り返れば、結構無意識に「わかち書き」って行っているなぁと思います。

 三つ上の文章の、最後の「使わないほうがマシだと」もそうですよね。
 ここでひらがなの「まし」を使うと文章がぐちゃっとする。
「使わないほうがましだと思います」
 これなら「使わないほうが、ましだと思います」にしないと読みづらい。
 でも読点を使うと、なんだか「マシ」を強調している感じがしてまたちょっと違うニュアンスになる気もします。
 てことでやっぱカタカナがいいわ。
 
 この先、下の二行もそうですね。
「上四つ」でも問題ないけど、なんだか「うえ四つ」にしたくなる。

 まぁ、人様の文章をどうこう言えるほどの文章は書いてないので
 まずは自分の文章を省みろって感じですが。


**

 てことで、
 うえ四つは買って良かった。
 した三つは別に買わなくても良かった。

「文章のみがき方」に出てくる「逆引き広辞苑」が面白いな、と思いました。
 ネットにもあるかな、気が向いたらぐぐろ。

**

 絵の日数は結構こまめにリセットされています。

 いっそリセットの数でも数えたらいいんじゃないかって。


**

 そして。
 本読んでいる間に、顔模写の熱が冷めた!












13 あつい(2012/07/18)




今日はまだ、涼しい気がする。

と、思ったら日が出てきた…












11 模写(2012/07/16)


20min

検索:横顔/模写

**

同じ顔をいろんな角度から見て描きたいなぁ。
なんかそんなのないのかな。












10 模写(2012/07/15)


30min

google画像検索「顔」で出てきたのから模写。












模写(2012/07/14)


20min

昨日から、人物の写真模写やってます。
ネットで喜怒哀楽の写真探して模写。

上のはyahooニュースの写真から。


思ったよりも面白いのでしばらく続ける方向












4 単体(2012/07/09)


20min


**

顔の角度をもう少しいろんな方向から書けるようしよう。


**














2 「もー遅刻ですよ」/第三四半期(2012/07/07)


90min

**

更新止まってた。練習も止まってました。
ぐだぐだっと、ちょっと体調崩してました。

**

第二四半期まとめ。

>一ヶ月毎日練習

のみ達成。
漫画模写は35Pですね。
5月下旬ぐらいで残り25枚って話をしてましたが、その後カラー練習に入ってしまって
全然手付かずになりました。


毎日練習の2回目も失敗。
これは次へ持ち越し。


**

第三四半期目標!

・毎日練習一ヶ月
・毎日練習一ヶ月
・漫画40P(模写……含む?)


 反省してページ数を落としてみる。
 前回達成できなかったのは、やりたかった模写が大体終わっていたことと。
 自分の漫画を描き始めるということへのハードルが高く、手付かずになったこと。

 今年中に行う模写が後85Pかぁ。今回、模写含まずの漫画練習にしてみるかな。
 
・漫画40P(模写含まない!)

 にしよう。
 これは先月の後半ぐらいに少し考えていたんですが
「漫画を描く」までのハードルが高いんですよね。
 だから言い訳つけて、まだ無理まだ無理、をしてしまう。
 なので、なんかこー、らくがきレベルのを描いてみるところから始めてみようと思います。
 そうして、漫画を身近に感じることにより、漫画を描くことに対しての垣根を低くしてみようかと。
 みようと思います。
 みることにします。

 なればいいな!

**

 模写は模写で年間目標があるので、それはそれで検討する。
 模写したいページが決まってればそんな時間かからんのよね。

・冨樫さん
・ギャグ漫画
・絵癖の強い絵

 この辺りに狙いを定めて模写先探します。
 ギャグは視線誘導の練習目的。絵癖の強い漫画は線の使い方の練習で。





















by yasasiku nai blog.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。